juliet

ギャルの代弁者、juliet

女性3人組のアーティスト、juliet。
ファッションモデル集団ROMEOのプロデュースで2009年にデビューしました。
ギャルがギャルのアーティストをプロデュースしたというのは、音楽業界で史上初です。
メンバーはリーダーで東京出身のマイコ、大阪出身のハミ、神戸出身のユミです。
3人ともjulietになる前から、それぞれ個別に芸能活動の経験があります。

 

デビュー曲「ナツラブ」はメンバーと、カリスマギャルモデルの小森純が共作で作詞をしました。
新人にもかかわらず、着うたウイークリーランキングで1位を達成しています。
「センター街で私たちのデビュー曲が流れてるのを聞いて感動しました」と述べていて、やはりjulietといえばどこまでも渋谷に密着したアーティストです。

 

渋谷でデビューイベントで「ナツラブ」を歌った時は正体を明かさないという異例のデビューで、3人はステージでも幕を張って素顔を見せないまま歌いました。

 

その後、セカンドシングルの「フユラブ」もまた着うたランキングで1位を達成しました。
「フユラブ」のリリースイベントでは、世間に素顔を明かしています。

 

julietの衣装は、メンバー3人が自分たちで決めることがほとんどです。
“私たちらしくする。ムリをしない”をモットーにしています。
ユミが巨大なリボンを頭に着けた時などは、男性スタッフから「ホントにそのカッコで人前に出るんですか」と不安がられました。
けれどもファンからの評判は良かったようでした。
3人は見た目は派手なギャルですが、「礼儀正しくしっかりした意見、考えを持っている」というのが、一緒に仕事をしているスタッフたちからの評価です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ