無料の着うたを歌うときの長所。カバー音源独自の良さがある

カバー音源独自の良さ

無料の着うたの短所については、ここまで数多く言及してきましたが、そのほとんどはカバー音源です。
これは原版の権利を侵害しないためなのですが、しかし着信音やアラーム音として使われる音源は別に、原版から出ないと価値がないということはないと思います。
コピー音源であっても、原版にはない、コピー音源の良さというものもあります。
それは無料の着うたの長所といえるでしょう。

 

全てがそういうわけではないのですが、カバーの音源には原版には、そのコピーにしか表現することの出来ない空気感問うものもあります。
原版を使うことができるのは、レコード会社だけという状況は変わっていません。
裁判いより、このような独占的な状況を改めるように通達されているにもかかわらず、この状況は変わっていないのです。おそらくこれからも変わることはないでしょう。
CDの販売が伸び悩んでいる原因を、その音楽ユーザーたちのせいにしているので、違法ダウンロードへの厳罰化が更に厳しくなっています。
こんな状態なので、原版だけを音楽だと受け取る必要はないのではないでしょうか。
たとえばアマゾンなどが出しているDRMフリーのmp3ファイルには、現在の音楽業界が一生懸命になって売ろうとしている音楽より、ずっと価値のある音楽が存在しているようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ