・無料の着うたを使うとき、注意すること。アーティスト自身の音源が使われていないときがある。

カバーミュージシャンによる音源

無料の着うたを使うときに、気をつけておくべきことがあります。
それは無料で入手可能な多くの音源が、そのミュージシャンが自ら歌ったり、演奏したりした音源が使われているわけではないということです。
そのほとんどが実は、別のミュージシャン、すなわちカバーミュージシャンによって、歌われ、演奏された音源なのです。

 

日本では著作権等によって、大手レコード会社以外の一般の配信業者が、その正規の音源を自由に使うことが困難なのです。
2008年、公正取引委員会は、現在の大手レコード会社による独占体制を批判するような判決を下しています。
幾つかのレコード会社はそれを不服に、更に上告したのですが、それでもその独占体制は変わらず続いています。

 

着信メロディーや、他の音楽によって演奏されたり歌われた音源は、そのような著作権の範囲の外にあるので、配信業者出会っても使用が可能です。
そのため多くの音源は、正規のミュージシャンではなくて、カバーミュージシャンの演奏が使われています。
これは利用者にとって、大きなマイナスだと思います。せっかくならば、本人の演奏で聴きたいと思うのが、ファンの心理というものなのですから。
しかしその音源の出来は悪いかと問われればそうではないと思います。
カバーミュージシャンたちの力量は確かで、正規のミュージシャンの演奏に引けを取るものではありません。
絶対に本物のアーティストの演奏でないと嫌だという人以外は、このようなカバーミュージシャンによる音源でも充分に楽しめると思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ